体脂肪は女性にとってとても重要なもの

体脂肪は女性にとってとても重要なもの

体脂肪は女性にとって嫌なもの。こんな考えを持っている人は多いのではないでしょうか。
確かにスリムな体型を維持したい女性には、体脂肪は邪魔なものと考える人も多いと思います。しかしただひたすらに体脂肪の数字を少なくしても、望んだ結果は得られません。

極端な考え方かもしれませんが、限界まで体脂肪を落とした身体は、一般的な女性らしさからはかけはなれたものになってしまいます。
体脂肪は女性にとって邪魔なものではなく、ある程度は必要なものなのです。

女性らしさを演出するパーツとしてバストやヒップがありますが、これは全て体脂肪です。体脂肪を少なくするということは、この部分が小さくなる可能性もあります。もちろん数字が高すぎるとただの肥満になってしまうので、多いにしても少ないにしても極端なことではいけないのです。

体脂肪は女性にとって必要なものということですが、では具体的にはどれくらいあれば良いのか。これは個人によって変わってくるかもしれませんが、平均的には20%前後あれば良いようです。
これからダイエットをしようと思っている人は、体脂肪を20%前後にすることを意識してみれば、自分が望んだ体型に近づけるかもしれません。

数字が同じならそれで良いというわけではなく、体脂肪がどのように配分されているかも重要なので、そこはエステやマッサージなどの出番です。体脂肪というものに偏見を持っている人もたくさんいますが、何事もほどほどが一番ということは忘れないでください。

ダイエットは計画性がなければ高確率で失敗してしまいます。自分が理想とする体型を目指して頑張りましょう。


「正しい体脂肪の知識」記事メニュー

「ダイエットの悩み」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析