体脂肪率を計ろう

体脂肪率を計ろう

体重が多いということは太っているということですが、それだけで肥満と言って良いのかというと答えはNOです。

身長が高い人と身長が低い人の体重が同じなら、高い人のほうが痩せており、低い人のほうが太っているということになります。実際にはここまで単純なものではありませんが、体重というのは数字だけで決めて良い物ではありません。

さらに言えば筋肉が原因で体重が重いという人も、肥満と言えるものではありません。では肥満とはどういうものなのかというと、体脂肪率の数字が多い人ということになります。

現在体重計には体脂肪率測定機能が付いたものが増えており、ただ体重を量るだけの体重計は、ただの目安になりつつあります。正しいダイエットは体重を減らすだけではありません。体重を減らすことも重要ですが、それ以上に体脂肪を燃焼させることこそが、ダイエットの本当の目的です。

現在の自分の体型に不満があるのでダイエットをするといっても、無計画なダイエットをして体重を減らしても効果がない場合があります。それは体脂肪自体がそんなに減っていないからです。ただ体重を落とすだけなら極端なダイエットをすれば良いだけですが、それだと健康にも良くありませんし、望んだ結果が得られる可能性は低いのです。

ただ痩せているというだけなら、ガリガリの体型でも同じことが言えます。しっかりとした健康的なスタイルになりたいなら、体脂肪率のことも考えてダイエットをするようにしてください。


「正しい体脂肪の知識」記事メニュー

「ダイエットの悩み」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析