O脚の原因はどこにあるのか

O脚の原因はどこにあるのか

O脚を本気で治したいなら、まずはO脚の原因について調べてください。O脚という症状は、何もみんなが同じものだとは限りません。どこに原因があるのかは人それぞれなのです。

O脚の原因には先天的なものと後天的なものがあります。先天的なものは、文字通りそのままの意味です。病気が原因でそうなってしまうことや、怪我が原因でなってしまうものもあります。O脚になっている人のほとんどは、後天的な原因によるものです。

普段自分がどのような動き方をしているのか、どのような座り方をしているのかを、意識している人はまれだと思います。自分にとって楽な姿勢をとっているつもりが、知らず知らずのうちにO脚の原因になってしまっている可能性があります。

楽な姿勢というのは、たいていだらしなく見えるものです。そういった姿勢をしているうちに、その状態に慣れてしまい、しだいにO脚になっていきます。まだO脚ではないという人も、普段から自分はどのような姿勢をしているのか、一度確認してみてはいかがでしょうか。

O脚の原因は、股関節や足首関節のゆがみなどが原因です。こういったゆがみは一朝一夕で治るものではありませんが、時間をかけていけば矯正することができます。
しかし後から治せるのなら、普段は自分の好きなようにしても良いと考えてはいけません。確かにO脚は矯正可能ですが、それには多くの時間がかかります。その間にだらけた姿勢をとっていたら、矯正した分が打ち消されてしまうこともあります。

O脚の原因自体は日常生活にあります。このことを踏まえて、常日頃から自分の姿勢をチェックするようにしてください。


「O脚を改善しよう」記事メニュー

「ダイエットの悩み」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析