O脚はできるだけ治しましょう

O脚はできるだけ治しましょう

日本人の多くはO脚です。自分は大丈夫だと思っている人も、実際に確認してみるとそうだったというケースはたくさんあります。そもそも人間は生まれた時はみんなO脚です。それが2歳前後になって普通の脚になり、X脚になってから再び正常な状態になります。

しかしそこから日常生活を送っているうちに、知らず知らずのうちに再びO脚になってしまう人がたくさんいるのです。O脚はいったいどういう症状なのかというと、関節がゆがんでしまっていることが原因です。

このゆがみというのが面倒なもので、ゆがんだ状態から正常な状態に戻すことによって、体調が良くなるということもあります。脚に限らず関節がゆがんでしまうことで、身体にはさまざまな影響が出てしまいます。
生理痛が重くなってしまうことや、腰痛が発生してしまうこともあります。

もちろんこれらの症状の原因が、全てこのせいだと断言することはできません。しかし原因がわからないのにこれらの症状がある場合、関節のゆがみを治すことで回復する場合もあります。厳密に言えば、O脚は絶対に治さなければいけないものではありません。人によっては全く症状が出ないということもあるからです。

しかし体調不良の原因になる可能性があるなら、できるだけ防いだ方が良いでしょう。
簡単なストレッチを毎日続けるということや、整体を受けるだけで改善できることもあるので、自分がO脚だとわかったら、できるだけ治した方が良いと思いますよ。


「O脚を改善しよう」記事メニュー

「ダイエットの悩み」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析