むくみの原因を知ろう!

むくみの原因を知ろう!

むくみができるというのは、どこの箇所でも嫌なものですね。特に目立ちやすい顔や足などは、むくみがもっともできやすい場所ということもあり、どうにかしたい人もたくさんいるでしょう。
むくみができたから何とかするという方針でも間違いはありませんが、どうせならむくみの原因は何かを知り、極力むくみができないようにしてみてはいかがでしょうか。

まずむくみはどのような原理で発症するのかということですが、これはとても簡単なことです。血管中にある水分は血管からしみ出して、それぞれの細胞に水分をいきわたらせます。そして細胞にあるゴミ(老廃物)を回収して血管に戻るのですが、そこで血管の流れがとどこおってしまうと水分が停滞してむくみになります。

血管の流れがとどこおるというのは、言葉だけ聞くと物騒なものです。しかしこれは簡単に起きることです。このことを踏まえて、むくみの原因はどういうものなのか勉強してください。むくみの原因は、大きくわけて2種類になります。

1つは水分や塩分のとりすぎです。これは体内の水分バランスが崩れてしまい、必要以上の水分がむくみに繋がってしまうのが原因です。塩分をとりすぎると水分が欲しくなり、結果的に水分のとりすぎと同様の状態になると考えればわかりやすいかもしれませんね。

もう1つは、立ち仕事をしているせいで、重力によって水分が足に溜まるというものです。これは座り仕事をしている時でも同様です。この場合、少し横になると水分が行き渡りやすくなり、むくみは解消されやすくなります。

こうしてみると、むくみの原因はとてもシンプルなものだということがわかります。日常でこのようなことが起きるのを避ければ、それだけむくみ対策になるのです。


「むくみでお悩みの方」記事メニュー

「ダイエットの悩み」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析