産後の骨盤矯正はおはやめに

産後の骨盤矯正はおはやめに

子どもを出産する時に、骨盤は大きく開いてしまいます。赤ちゃんは小さいと言っても、いつも通りの骨盤ではあまりにも狭いからです。産後の骨盤はそのまま少しずつ元に戻ろうとしますが、そこで何もしないままでいると、ある程度の状態で止まってしまいます。

骨盤が開いたままの状態で良いことは何もありません。腰回りが太く見えてしまい、それだけで太っているように見られてしまいます。まれな例ではありますが、中には産後の骨盤が元に戻らないという人もいます。そういう人はカイロプラティックなどで、専門家に診てもらう必要があります。

産後の骨盤矯正はできるだけ早いうちからはじめるようにしてください。広がったばかりならまだ柔軟性があるので、そこから矯正していくことは簡単です。しかしある程度安定してから矯正するとなると、長い時間と相応の苦労が必要になります。

産後の骨盤矯正自体はそんなにむずかしいものではありません。一日に少しずつストレッチをしていけば良いだけです。生まれたばかりの赤ちゃんに構いたいという気持ちもあるでしょうが、それだけでなく自分のケアも忘れないようにしてください。

骨盤矯正のストレッチは、毎日続けていくことで効果を発揮します。今日は時間がなかったから明日倍すれば良いと考えるのではなく、毎日数分少しずつ積みかさねていくことで効果がでます。
出産後は体力が低下しているので休養も必要ですが、ある程度落ち着いたら骨盤矯正のストレッチをはじめるようにしましょう。


「骨盤からきれいになる」記事メニュー

「ダイエットの悩み」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析