知っておきたい妊娠線の予防方法

知っておきたい妊娠線の予防方法

妊娠線の予防方法というのは、いくつかありますし、妊婦さんそれぞれ自分で実践されていることでしょう。とにかく大事なのは、妊娠したらすぐにケアを始めることです。

確かに、妊娠初期はお腹が目立つ訳でもなく、妊娠していること自体あまり自覚がないかもしれませんが、体は日々変化していきます。お腹が大きくなってからケアしても、お肌の内部では、すでに妊娠線が出来てしまっています。体の変化が始まる前から、保湿クリームなどでお肌を保護してあげましょう。

妊娠線が出来てしまう一番の原因は、急に太ってしまって、お腹や足などに脂肪がたくさんついてしまうことです。特に安定期などは、お腹も大きくなりあまり動かなくなるのに、食欲は増してしまう妊婦さんが多いようです。運動をしなくて、たくさん食べるということは、ただでさえ妊娠して太りやすくなっているので、妊娠線にはとても危険です。

マタニティヨガやマタイティスイミングなど、妊婦さんのための運動をするのもいいですし、費用をかけずに手軽に始めるのであれば、ウォーキングなどもいいでしょう。適度な運動というのは、血行が促進されて新陳代謝がアップするので、皮膚に栄養が行きわたるので、妊娠線の予防にもなります。

また、食事の面でも、肌の弾力を取り戻すコラーゲンを摂取したり、たんぱく質を摂るように心がけましょう。妊娠線を予防するには、体の外側からのケアも大事ですが、体の中からもお肌にいい物を取り入れるようにすると効果的です。


「妊娠線を解消したい」記事メニュー

「その他のダイエット情報」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析