妊娠線が出来る時期はいつ?

妊娠線が出来る時期はいつ?

妊娠線というのは、妊婦さんすべてに出来るというわけではなく、体質や生活習慣のせいだったり、マッサージや保湿などのケアを怠ったりしたせいなど、原因もさまざまです。
ですから、妊娠線というのがどのような時期に出来てしまうかというのも、妊娠してすぐの人もいれば、臨月のころ、出産後など人それぞれ違います。

妊娠線が出来る原因は、体重が急激に増えてしまったとき、お肌の乾燥がつづいているとき、大きな赤ちゃんや双子などを産んで急にサイズが縮んでしまったときなどです。
しかし、妊娠線はいつどのような時期に出来るか分からないので、普段乾燥肌じゃない人でも、全然体重が増えていない人でも、妊娠したらすぐにケアを始めた方がいいでしょう。

一番気をつけたいのは、急に太ることによって、お腹や足、お尻などの皮膚をのばして、お肌にひび割れを作ってしまうことです。1度伸びきってしまった皮膚というのは、自力で元に戻ることは出来ず、そのたるみが妊娠線となります。

ただし、いずれにしても、妊娠していればお腹は大きくなります。ですから、保湿クリームやオイルなどで肌の乾燥を防いで、同時に肌のうるおいを保って、皮下組織がひび割れないようにすることも大切です。
また、クリームを塗るときは、マッサージをしながらお肌を柔らかくしておきましょう。お肌が柔らかいことで、皮膚が伸びきってしまうことを防ぐことが出来ます。

とにかく、妊娠して3ヶ月くらいの時期からは、妊娠線予防のために、カロリーコントロールと適度な運動で太らないようにして、クリームでお肌の乾燥を防ぐようにしましょう。


「妊娠線を解消したい」記事メニュー

「その他のダイエット情報」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析