クリームを使って妊娠線を防ぐには?

クリームを使って妊娠線を防ぐには?

もともと乾燥というのは美肌の大敵ですが、妊娠線にも大敵です。妊娠するとお肌が乾燥しやすくなるのですが、妊娠線を防ぐためには、その乾燥を防ぐことがとても大事です。

そのためには、まずクリームなどで保湿をするようにしましょう。特に、妊娠線予防のためのクリームなどには、保湿力はもちろん、肌の弾力性を高める成分が配合されていますし、妊婦のために作られたクリームなので妊娠中でも安心して使えます。

妊娠線を防ぐためには、お腹が大きくなる前の妊娠初期からケアすることが大切です。自分ではあまり感じなくても、体のいろんな部分が確実に大きくなっていく時期なので、きちんと保湿を心がけてください。

また、妊娠線はお腹だけではなく、お尻や胸、太腿など脂肪がつきやすい部分に出来るので、忘れずにケアしましょう。妊娠線を予防するクリームは、体が温まっていてお肌が柔らかくなっているときの方が浸透しやすいので、お風呂上りなどに塗るのが効果的です。

さらに妊娠線予防の効果を上げたいのであれば、クリームを塗るときにマッサージをするようにしましょう。マッサージによってお肌に伸縮性が出来ますし、柔らかくなって保湿されれば、お肌は裂けにくくなり、つまり妊娠線が出来なくなります。

気をつけたいのは、太腿の裏側やお腹の下のほうなど、自分では目に付かない部分はクリームを塗り忘れてしまう場合があります。出来てしまってからでは遅いので、細かい場所にも気を配って、妊娠線が出来ないようにしましょう。


「妊娠線を解消したい」記事メニュー

「その他のダイエット情報」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析