妊娠線の治療にはどんな方法が?

妊娠線の治療にはどんな方法が?

妊娠線の治療というのはいろいろありますが、自分で治すことは難しいので、専門家に頼るしかありません。クリニックやエステサロンなどでの治療方法は、ケミカルピーリングやサーマクール、エンダモロジー、レーザー治療があります。

ケミカルピーリングというのは、細かい粒子物質で古い角質を取り除いて、新しい皮膚を再生させて、お肌を綺麗にする方法です。
これは、フェイシャルエステなどで、シミを取り除くためにも取り入れられている方法です。即効性はありませんが、お肌のターンオーバーを利用する治療方法なので、お肌に負担をかけることがないので安心です。

サーマクールというのは、肌に高周波とレーザーをあてて、深層部の細胞を活性化させてお肌を綺麗にしていく方法です。これは、細胞の活性化によってお肌のうるおいを取り戻して妊娠線を薄くしていくので、保湿が足らなくて妊娠線が出来てしまった方に向いています。

エンダモロジーというのは、妊娠線の治療というよりは、産後の体のケアを目的とした医療器具です。
これは、全身をマッサージしながら皮下組織を引き締めて、たるんだ体を改善します。全身を引き締めることで、お腹や太腿などの妊娠線を目立たなくすることが出来ます。

やはり、妊娠線の治療に一番効果的で有名なのは、レーザー治療ではないでしょうか。レーザー治療は、妊娠線にそってレーザーをあてて皮膚を活性化させる方法です。レーザー光線にはコラーゲンの再生を促す効果があり、そのコラーゲンによって、皮膚の傷ついた組織を再生することが期待出来ます。

妊娠線というのは、出来る原因が人それぞれ違うので、完璧に治す治療方法というのはありませんが、薄くする、目立たなくするという技術はとても進歩しています。


「妊娠線を解消したい」記事メニュー

「その他のダイエット情報」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析