豊胸手術には二通りの方法

豊胸手術には二通りの方法

豊胸手術の方法は、大きく分けると、バッグを挿入して胸を大きくするか、脂肪やヒアルロン酸などを注入する方法の2つがあります。どのような手術があるのかみていきましょう。

バッグというのは、中身がシリコンや生理食塩水、ハイドロジェルと分かれていて、自分がどんな形の胸にしたいかなどによって選びます。昔は、シリコンを入れると形が崩れたり、硬くて本当の胸との違和感があると言われていましたが、技術の進歩により、どんな中身のバッグでも、より自然な胸の形やさわり心地になっています。

バッグ挿入方であれば、1度挿入してしまえば、簡単なマッサージやメンテナンスで綺麗な胸を保つ事が可能です。ただ、このバッグ挿入方法は、わきの下を切開して胸にバッグを挿入するので、体にメスを入れるのが怖いという方には向いていません。

手術をしないで豊胸したい場合は、自分の余分な脂肪を吸引して、その脂肪を胸に注入して豊胸するという方法がいいでしょう。この方法だったら、体にメスを入れる必要もないし、いらない脂肪を利用して豊胸出来るというメリットがあります。

もし、余分な脂肪がないという方は、ヒアルロン酸を注入するという方法もあります。ヒアルロン酸は、肌に張りやつやを出す美容成分なので、胸を大きくするだけではなく、胸を綺麗にする効果もあります。

ただ、バッグに入れて注入するわけではないので、肉体に吸収されてしまいます。ですから、2年おきぐらいに注入する必要があるので、それが面倒かもしれません。でも、ヒアルロン酸の注入は1日で終わり、入院などの必要もないので、気軽に豊胸出来ます。


「豊胸について」記事メニュー

「その他のダイエット情報」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析