豊胸で自分の脂肪を使う?

豊胸で自分の脂肪を使う?

豊胸の方法というのはいろいろありますが、体にメスを入れないで、より自然な形で豊胸したいのであれば、自分の脂肪を使う方法が一番でしょう。自分の余分な脂肪を使って豊胸する脂肪注入法は、ウエストやヒップや太腿など、自分で気になるところの脂肪を吸引して、その脂肪を胸に注入する方法です。

この脂肪注入方法は、シリコンなどの人工バッグを入れて豊胸する方法より、自分の脂肪を使うので拒絶反応の心配がありませんし、人工バッグを入れたときのような違和感もほとんどないのが特徴です。また、脂肪を吸引して注入するというシンプルな施術なので、体にメスを入れるのが嫌だという方にも最適です。

それに、いらない脂肪を吸引するので、余分な脂肪を簡単に減らせるというメリットもあります。ただし、豊胸出来る脂肪の量は限度があるので、いくら体に余分な脂肪がたくさんあっても、胸のサイズをいきなり大幅にアップすることは出来ません。

今の大きさより、1サイズから2サイズぐらいがサイズアップ可能な範囲で、脂肪はだんだん脂肪組織に吸収されるので、どんなに注入しても、注入した脂肪すべてがバストになるわけではありません。ちなみに、痩せていて脂肪が少ない方や乳腺が少ない方、体が丈夫じゃない方は、出来ない場合があるそうです。

脂肪注入による豊胸は、それぞれの体質やお医者さんの技術によって変わるので、脂肪注入をする前に、イメージと違いがないか、担当医と納得するまでカウンセリングをして、自分の希望の豊胸が出来るようにしましょう。


「豊胸について」記事メニュー

「その他のダイエット情報」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析