メタボリック特定検診の義務化とは

メタボリック特定検診の義務化とは

2008年4月から特定検診が開始されました。
メタボリックシンドロームの問題が大きくクローズアップされているなか、社会全体における取り組みとして導入されたのがこの特定検診です。これは40歳以上を対象に実施されるもので、被保険者だけでなく、被扶養者も含め、すべての人を対象にメタボリックシンドロームの検診を呼びかけるものです。

従来の取り組みでは被保険者は会社などで検診を受けるよう指導されている反面、被扶養者は自主的な受診に任されていたため、なかなか受けない人が多いという問題がありました。それを解消するために導入されたのがこの制度なのです。
検診を受け、ウエストや血糖値、血圧、中性脂肪などの基準値を元に危険度に合わせてクラス分けが行われます。それに応じた指導を行い、メタボリックの予防・対策を進めていくことになっています。

メタボリックシンドロームは自覚症状がないのが最大の特徴です。気がついたときには動脈硬化や糖尿病へと進展していることが多いもの。特定検診を実施することでその危険を事前に食い止め、将来的な医療費を削減するのがおもな目的となっています。この特定検診の導入により、後期高齢者医療制度が10%程度削減できると言われており、単に個人の健康状態だけでなく、深刻化する医療費の増大に歯止めをかける役割も果たすことになります。

メタボリック特定検診の受診率が低かった場合には自治体にペナルティが課せられる、企業が検診の負担を避けるため40代以上の雇用に消極的になる恐れがあるなど問題も多いこの制度。今後しっかりと定着していくのかどうか、注目したいところです。


「メタボリック予防と対策」記事メニュー

QLOOKアクセス解析