メタボリック症候群を説明できますか?

メタボリック症候群を説明できますか?

検診が義務付けられたこともあり、メタボリック症候群への関心がますます高まっています。
メタボリックシンドロームとも呼ばれるこの症状は糖尿病や動脈硬化など生活習慣病の原因となることが指摘されており、幅広い層の間で知名度を高めています。

このメタボリック症候群とは、内臓脂肪が蓄積した「内臓脂肪型肥満」の人がなるものです。内臓脂肪型肥満に加え、高血圧、高血糖、高脂血症のうち2つを併発した状態を指します。
たとえば心臓病の場合、この症状の人は通常の人に比べ発症するリスクが10倍〜30倍程度になると言われています。放置しておくと命に関わる深刻な状態に陥る可能性があるのです。

メタボリック症候群と判定される基準はウエストと血圧、中性脂肪、コレステロール値、血糖値です。
とくにウエストは要注意で基準としては女性でウエスト90p以上、男性で85cmの場合はメタボリック症候群の疑いを持つ必要があるといわれています。

予防・改善には運動と食事の両面での対策が必要になります。内臓脂肪を燃焼させるための運動と、余分なカロリーを控え、バランスの取れた栄養を摂取するための食事が求められます。
また、動脈硬化や心筋梗塞などすでに深刻な症状が発生した場合にはアスピリンなどが投与されます。

メタボリック症候群は自覚症状に乏しいという特徴があります。具体的に痛みや体調の変化などを感じることがほとんどないからです。とくに内臓脂肪の場合、蓄積に気づかないケースが多いため、気がついたときには深刻な状態に陥ってしまうことも少なくありません。
自分は太っていないから大丈夫、ではなく、誰もが生活習慣を見直してみる必要があるといえます。


「メタボリック予防と対策」記事メニュー

QLOOKアクセス解析