メタボリックシンドロームとはどんな症状のこと?

メタボリックシンドロームとはどんな症状のこと?

最近話題となっているメタボリックシンドローム。具体的にはどのような症状を指すのでしょうか。

最近では太り気味のことを「メタボ」と言うことが増えていますが、単に太っているからといってメタボリックシンドロームとは必ずしもいえません。
逆に見た目は太って見えないにも関わらず当てはまるケースもあります。

カギを握るのは内臓脂肪です。これは内臓の位置を保ち、衝撃から守る役割を果たす脂肪で、内臓の周囲につくものです。本来必要なものなのですが、これが蓄積されると「内臓脂肪型肥満」という状態になります。皮下脂肪と異なり、腹部にだけ蓄積されるため、見た目は太って見えないことが多いのが特徴です。

この内蔵脂肪、蓄積すると脂肪が血液中に溶け込むという性質があります。
それが高脂血症をはじめ、高血圧、高血糖などをもたらします。その結果、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病といったさまざまな病気の原因となってしまうのです。

メタボリックシンドロームとはこの内臓脂肪型肥満にプラスして高血圧、高脂血症、高血糖のうち2つが併発した状態のことを言います。このことからもわかるように、健康に深刻な影響をもたらす可能性があるかなり危険な状態なのです。

にもかかわらず、自覚症状がないというのがメタボリックシンドロームの特徴です。痛みや体の不調を感じることもなく、見た目もそれほど目立たない。そのため気づかないまま症状だけが進行し、動脈硬化や脳卒中という形で現れることが多いのです。そのため、検査による事前の発見や、日常生活の予防の重要性が指摘されているのです。


「メタボリック予防と対策」記事メニュー

QLOOKアクセス解析