メタボリックの基準値となるウエストのサイズは?

メタボリックの基準値となるウエストのサイズは?

メタボリックシンドロームかどうかの判断基準が揺れている状況です。
名称が普及したため、太り気味の人に対して使われることも多くなったメタボリックシンドローム。しかし実際には一定の基準があります。そしてそれが議論を呼んでいる状況です。
基準としては「国際糖尿病連合」が設定したものがよく知られています。内容は以下の通りです。

 ウエスト 男性85p以上、女性90cm以上であること
これに加え、
 血圧130/85mmHg以上
 中性脂肪150mg/dl以上
 HDL(善玉コレステロール)男性40mg/dL、女性50mg/dL未満血糖値100mg/dl以上
のうち2項目が該当していること。

ただし、このメタボリックの基準は厳しすぎるという指摘もあります。とくに男性のウエストは厳しすぎると言われており、問題となっています。厳しくしすぎることで不要な治療や医療費が増えてしまうことになります。
もともと将来的に深刻な症状にかかり、医療費がかさむことがないように推進されているメタボリックシンドローム対策が裏目に出る可能性もあるのです。

そのため、最近では見直す動きが出ています。また、2005年にはアメリカ糖尿病学会とヨーロッパ糖尿病学会は基準に問題があり、安易にメタボリックのレッテルを貼ってはいけないという声明を発表し話題になりました。
このように、知名度が普及したわりにはまだ曖昧な点が多いメタボリックシンドローム。人々の間で予防・改善の意識が浸透するためにはこの点への関心も高めることが重要になってくるでしょう。


「メタボリック予防と対策」記事メニュー

QLOOKアクセス解析