野菜の育て方のポイント

野菜の育て方のポイント

家庭菜園で野菜を育てる場合、いくつかの注意点が出てきます。これらをよく踏まえておかないとうまく育たない恐れが出てきます。育て方のポイントをいくつか見てみましょう。

まず基本中の基本となる種の選び方、よく言われるのは水に浸してみた時に浮くかどうか。浮く種は発芽率は低いといわれています。また、ジメジメしたところや日当たりの悪いところにおいてあるものも避けたほうが無難です。

それから土づくり。これも育て方の基本中の基本。野菜を育てる土台づくりです。栄養をしっかりと吸収できる土を作ることで健康的に育ってくれるようになります。それぞれの種類にあった土選びはもちろん、肥料の選択も重要です。肥料には葉物類に適した窒素、実がなる種類にはリン酸、根菜類にはカリが適しており、相応しいものを選ぶよう注意が必要です。

育て方としては水遣りもポイントです。発芽するかどうか、きちんと育つかどうかは水遣りにかかっているといっても過言ではありません。水を与えすぎると種は発芽しにくくなりますし、種類によって水の量やタイミングが変わってきますから、しっかり把握したうえであげるようにしたいものです。

それから間引き。成長を促すために育ちの悪い苗を取ってしまう作業。気が進まない人もいるかもしれませんが、よりよい収穫のためにはどうしても必要な作業です。収穫まで2〜3回程度行います。株間が充分にできるよう配慮しながら行う必要があります。

これらが野菜の育て方の基本といえるものです。もちろんほかにも注意すべき点はありますが一つずつ育て方の知識を増やしていきましょう。
愛着を持ち、正しい知識をもったうえでしっかりと管理して育てたいものです。


「もっと野菜を摂ろう」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析