効果的な野菜の保存方法

効果的な野菜の保存方法

野菜は新鮮なうちに食べるのが1番。それは乾燥や酸化によって鮮度が落ちてしまい、味だけでなく栄養価も低下してしまうからです。ですから保存する際にはよく注意しなければなりません。
その野菜の保存方法、どれだけご存知でしょうか。冷蔵庫に入れるだけ、という人も多いと思います。あまり知られていない野菜の保存方法、どのようなポイントがあるのでしょうか。

基本となるのはラップとタッパー。乾燥と酸化を防ぎ、臭いが移るのを防ぐためには外気に触れさせないようにすることです。また、葉物野菜の場合は葉を上に立てて保存すると長持ちします。その際には霧吹きをしておくとさらに状態がよくなります。

保存する機会の多い野菜ではキャベツ。保存バッグなどに入れるのが理想ですが、その際には芯をくりぬいてその中にペーパータオルなどを詰め込んでおくと長持ちします。それからキュウリは過度な乾燥にも水気にも弱いため、水気を切った上でラップに包んでおく必要があります。トマトは冷やし過ぎに注意、傷みが早くなります。ナスも同様に冷やしすぎると逆効果です。

冷蔵庫に保存する必要がない野菜もあります。ジャガイモやさつま芋といったイモ類にかぼちゃなどです。暗い場所が理想的です。また、かぼちゃは大きいため、切って保存する場合は種の部分を取り除いてからラップで冷蔵庫に入れます。

このように、種類ごとに方法やポイントも異なっています。少しでも長持ちさせたい場合は冷蔵庫にまとめて入れるのではなく、しっかりと種類ごとに適した方法で行いたいものです。


「もっと野菜を摂ろう」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析