ウォーキングの効果をあげる食事とは

ウォーキングの効果をあげる食事とは

ウォーキングを快適に行うためにも、効果を最大限に高めるためにも食事には気を配る必要があります。

まずはじめる前。ウォーキングといえども体力が消耗しますし、スタミナが求められます。空腹の状態で行うとエネルギー不足のため、スタミナ不足に陥ることがあります。糖分や炭水化物を少量摂取しておく必要があります。

歩いた後にもエネルギー補給は欠かせません。夜歩いている人の中にはその後水分だけを摂取して就寝してしまう場合も多いと思いますが、疲労を回復し、脂肪の燃焼を助けるためにも栄養補給は欠かせません。たんぱく質や糖分はとくに重要ですので、注意したいところです。

ウォーキングの場合、行うシチュエーションによっては途中でエネルギーを摂取する必要も出てきます。途中に摂取すると効果的と言われているのが梅干とレモン。この2つに含まれているクエン酸という成分が疲労回復効果を持っているからです。レモンの飴などを持参していくと便利です。
また発汗によってミネラルが失われます。とくに夏場は要注意。そのためミネラルウォーターを適時摂取することも重要なポイントです。

ウォーキングで消費できるカロリーは300キロカロリー程度。1sの脂肪を燃焼させるのに必要なカロリーは約7200キロカロリー。純粋に歩くだけで痩せるのは無理があります。適度な食事制限はもちろんのこと、ウォーキングの効果をより高め、体を健康にするための食事も欠かせません。この点をしっかり踏まえながら毎日のウォーキングを充実させたいものです。


「ウォーキングでやせたい」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析