ウォーキングの正しい歩き方

ウォーキングの正しい歩き方

ウォーキングを行う場合には歩き方、姿勢にも注意が必要です。
日ごろあまり体を動かさない人がウォーキングをはじめると歩き方にクセがついていることがあります。バランスがとれていなかったり、姿勢が悪いと疲れやすくなったり、体の一部分に過度な負担がかかってしまい、歩くのに師匠をきたします。まず正しい歩き方を身につけることが第一歩となるのです。

ウォーキングの歩き方の基本はまず背筋をまっすぐに伸ばすこと。その上で歩幅を広くとって歩くと自然と体のバランスがとれ、リズムよく歩くことができるようになります。

前のめりになっていると歩幅が狭くなってしまい、足もまっすぐに伸びないため、バランスもリズムも乱れがちになってしまいます。この際、視線は遠くを見据えているとやりやすくなります。なお着地はかかとから地面をしっかりと踏みしめた上で前に踏み出すことになります。

それから腕。これもバランスとリズムを取る上で重要な役割を果たします。ひじを90度に曲げた上体で振るとよいですが、あまり意識しすぎると力が入ってしまうので、肩の力を抜き、リラックスした状態で行うようにしましょう。

呼吸も重要です。効果的なウォーキングはやや息が切れる程度の速度が求められます。
そのため、適切な呼吸法が求められます。ランニングの時にも使用される2ビート呼吸法が理想的です。吐くのを2回、吸うのを2回続けて行う方法です。

ウォーキングをはじめたばかりの頃にこういった歩き方に注意しておけば次第に身についてきます。美しいフォームで歩くことができるようになればより楽しく、充実したウォーキングが楽しめるようになるでしょう。


「ウォーキングでやせたい」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析