宿便を断食で解消しよう!

宿便を断食で解消しよう!

腸に長期間便がこびりついてしまった宿便。これが蓄積すると腸の機能が低下するだけでなく、便やおならの悪臭、あるいは体臭の原因になるなどさまざまな影響が生じます。
この厄介な宿便を解消する方法としては薬やサプリメント、食事療法、あるいは腸内洗浄などさまざまな方法が挙げられますが、その中でも効果的な方法として断食があります。

断食には体内の器官の状態をリセットする効果があります。宿便は腸をはじめとした体内の器官が弱ったり、疲労が蓄積することで溜まりやすくなります。そんな弱った内臓を断食で休ませることで腸内を健康にすることができるのです。

ほかにも効果があります。断食そのものが老廃物の排出を促す効果があるのです。さらに脂肪を代謝する役割も持ちます。蓄積した毒素は脂肪に溶け出すこともあるうえ、排出するのが困難です。断食はそれをスムーズに行うよう促してくれるのです。

断食とは基本的に数日間水分以外は何も取らないものですが、いきなり行うのは厳しいですし、無理が生じるもの。一般的には1日、あるいは半日単位で行います。原則としては18時間以上何も食べないことが求められ、胃腸をはじめ内臓を休める必要があります。朝食を抜き、昼食から夕食にかけて間隔をあける方法が一般的です。昼食と夕食の間も感触や夜食は控えることが重要になります。

胃の調子が悪い人や体臭やお腹の張りなどが気になる人は宿便対策として一度試してみてはいかがでしょうか。


「宿便を解消したい」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析