宿便とは

宿便とは

宿便という言葉が最近になって注目を集めるようになりました。腸内洗浄を利用する人が増えたこともあり、美容の分野でも名前が聞かれるようになっています。宿便とは腸内に付着している便のことです。
通常の排泄では排出されず、長い間腸内にとどまり続けているもので、頑固に付着し続けているとなかなかとることが難しくなります。

この宿便が厄介なのは腐敗し、老廃物として毒素を発散することです。そのため、宿便が多いとさまざまな健康上の問題が発生することになります。この毒素が血液にまざり、全身に及ぶこともありますし、栄養の吸収がスムーズにいかなくなり、消化も不調になります。

また宿便というと便秘と結びつける人も多いようですが、実際には異なります。一応正常に便が出ているにも関わらず蓄積してしまっていることも多いのです。そのため自覚症状があまりなく、意識が向かないまま悪化してしまうというケースもあります。

そして、宿便が溜まっていることを示すシグナルもあります。たとえばおならや大便の臭いがきつい場合、便が細い場合、あるいは下痢をしやすい場合などです。また便秘にも同様の症状がありますが、下半身が張ったような感じがする場合にも要注意となります。

宿便対策にはサプリメントや薬などの使用があります。乳糖を積極的に摂取することも効果的と言われています。上に挙げたような症状が見られた場合や、最近どうも胃腸の調子が悪いと思っている人は疑ってみるか、さまざまな対策を実行してみてはいかがでしょうか。


「宿便を解消したい」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析