食物繊維はなぜ重要なのか

食物繊維はなぜ重要なのか

健康・美容の分野で食物繊維の重要性がよく語られます。食物繊維がもたらすさまざまな効果が体の健康状態の改善に大きな影響をもたらすからです。

緑黄色野菜や穀物などに豊富に含まれていることで知られるこの食物繊維にはじつに多彩な効能が秘められています。もっとも広く知られているのが胃腸機能の改善でしょう。胃腸機能は栄養の吸収を妨げるなど健康に大きな影響を及ぼしやすく、また食生活や生活習慣によって乱れやすいものです。

食物繊維は大腸の働きを促すことで弱まっていた働きを改善へと導くことができるのです。そのため便秘、肌荒れ、デトックスなどの目的の際に摂取が推奨されています。

それから食後の血糖値の上昇を防ぐ効果もあります。これは果物に含まれる水溶性食物繊維がもたらす働きで、デザートに果物を摂取することで血糖値の調節を行うことができます。
ほかにもコレストロール値の調整や満腹感による肥満防止などの効果も注目されているほか、最近では大腸がんの防止にも役立つという研究結果が注目を集めており、新たな役割として期待されています。

メタボリックシンドロームや生活習慣病対策が社会的な関心を集めている現在、食物繊維が果たす役割は非常に大きなものがあります。最近ではサプリメントやドリンクで手軽に摂取することもできるようになっています。過剰摂取には注意が必要ですが、便秘がちの人や肥満が気になる人などは多くとるように心がけるとよいでしょう。


「食物繊維が大事」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析