老廃物とは

老廃物とは

体内に老廃物が蓄積することにより、美容・健康両面にさまざまな弊害が生じることが知られています。
老廃物とはその名の通り必要のない物質のことです。これは体内でエネルギー代謝が行われた際に発生するもので、摂取しすぎてあまった栄養分や代謝が行われた際のかすなどによって成り立っています。

健康状態が正常な場合にはリンパや血液に乗って体中を巡っていき、その過程で腎臓などでろ過され、腸にもたらされます。そして最終的には尿や便となるわけです。
しかし、これら器官の機能がうまく働いていない場合、体外に排出することができず、蓄積してしまうことになります。その結果さまざまな弊害が生じることになるのです。

老廃物が蓄積したもっともわかりやすい状態が便秘です。排出するべき老廃物が体内に残り続けることで栄養の吸収を妨げてしまったり、免疫力が低下するなどさまざまな問題が発生します。また余分な水分が残ればむくみになりますし、老廃物が脂肪細胞と結合すると厄介なセルライトをもたらしてしまいます。

ほかにも頭痛や肩こり、冷え性などが影響として挙げられます。さらに疲れがなかなか取れない、だるいなどあまり関係がなさそうな面にも弊害があらわれてきます。

日常生活の過ごし方によって蓄積しやすくなってしまうこともあります。血行不良や胃腸機能の低下などはとくに日常生活の乱れで起こりやすいもの。予防・対策には日々の生活習慣の改善が求められます。


「老廃物を出そう」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析