お茶を粉末にするメリットは?

お茶を粉末にするメリットは?

カテキンやビタミンCなど健康・美容に役立つ成分を豊富に含んでいることで知られるお茶。とくに緑茶への注目が高まっています。そんなお茶を粉末で摂取することが話題になっています。

お茶は当然茶葉をお湯に入れて飲むものです。しかしその家庭でお茶が本来持っている栄養分を損ねられてしまうことがあるのです。たとえばビタミンEやβカロチンは水に溶けにくい成分のため、充分に摂取することが難しくなります。他の成分も飲む前に多くの量が逃げてしまうことが多いのです。しかし、茶葉を粉末にし、丸ごと摂取することによって茶葉が持っている本来の栄養価を残さず摂取することができます。

単純な比較では煎茶1gをきゅうすに入れて飲んだ場合、カテキンの量は30.1rなのに対し、粉末にして飲んだ場合は130mgと、同じ量を飲んでも摂取できる成分に大きな違いがでます。ビタミンEに至ってはきゅうすの場合はほぼゼロなのに対し、粉末なら0.65mgを摂取することが可能です。

最近ではこの栄養価の高さに着目し、最初から粉末状にした製品も売り出されています。
さらには茶葉を粉末にできる粉末器も登場しています。味も風味も損なうことなくより手軽で、健康的に飲茶が楽しめるのです。

茶葉を直接食べる人も増えていると言われます。これも茶葉本来の栄養価を残らず摂取することを目指してのこと。粉末にすればそれを無理なく実現することができるのです。より優れたお茶の効能を求めて、試してみてはいかがでしょうか。


「お茶で健康になる」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析