断食で活性酸素を抑える

断食で活性酸素を抑える

健康面にさまざまな好影響をもたらすことで注目を集めるようになってきた断食。最近では美容方面に関する効果も期待されるようになっています。

美容の分野で広く知られているものに活性酸素というものがあります。肌の老化をもたらす作用があることで悪役扱いされることが多いものですが、ほかにも細胞や臓器にもダメージをもたらし、ガンなどの原因になるとも言われています。それだけにこの活性酸素の生成を少しでも減らすことが健康・美容の両面で大きなカギを握ることになるのです。

断食はそんな活性酸素の生成を抑制する効果があります。

活性酸素は人体の酸素消費量によって生成する量が決まってくると言われています。
具体的には全体の2%程度から発生するそうです。断食を行うとこの酸素消費量が減少するため、活性酸素も抑えることができるのです。あるデータでは半日断食を行うことで酸素消費量が13%減少するとも言われています。それだけ活性酸素の害を減らすことができるのです。

いつまでも若々しく美しい肌を保ち続けることは多くの女性にとっての憧れです。ただでさえ断食は胃腸機能を改善し、体内の老廃物や余分な水分を排出し、血行を促進してくれることで美容・美肌に効果的といわれています。それらにプラスして活性酸素を抑制する効果も加わるわけです。

プチ断食は月の数回行うだけでも大きな効果をもたらしてくれるといいます。美肌対策、アンチエイジングに試してみる価値はあるのではないでしょうか。


「断食の正しい知識」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析