断食とは

断食とは

最近断食が注目を集めるようになっています。
かつて断食といえば修行僧などが行う厳しいものといったイメージがありましたが、最近では水だけを摂取するもの、朝食だけを抜いて半日行うものなど無理なく行われるものが知られるようになり、イメージも変わりつつあります。

食事を抜くと健康によくないと言われますが、効果的に行うことで健康上によい影響をもたらすことが知られています。
その効果をうまく活用し、健康・美容・ダイエットなどに役立てようというのが最近の断食の方法です。

半日〜1日程度食事を抜くことで体の機能をリセットすることができます。日々の生活の中で疲労が蓄積し、機能が低下した胃腸をはじめとした内臓の機能を回復させることができます。その結果エネルギー消費が高まり、新陳代謝や消化機能が高まります。また、体内に蓄積していた老廃物を排出させることもできるため、デトックス目的に水だけを摂取する方法を行う人も増えています。

胃腸機能が向上すれば栄養の吸収がスムーズになります。その結果肌のツヤもよくなり吹き出物などの悩みを改善することができます。さらに消化がよくなり、エネルギー消費が高まれば太りにくい体質にすることもできます。美容・ダイエットにも高い効果を発揮するのです。

もちろん、無理に行うとリバウンドに陥る可能性もありますから、やり方には注意が必要ですが、できる範囲内で日々の生活の中で取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。


「断食の正しい知識」記事メニュー

「健康的にダイエットする」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析