下腹ダイエットは計画的に

下腹ダイエットは計画的に

下腹部がぽっこり出てしまった体型を何とかしたい、と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
下腹部は皮下脂肪がたまりやすい部分であるため、男女を問わず問題になりやすい傾向にあります。下腹のダイエットをする前に脂肪のタイプや原因を把握しておくことも重要です。

メタボリックシンドロームが話題になっていますが、ぽっこりした下腹は内臓脂肪が原因である可能性があります。それから原因。女性の場合には骨盤が開いてしまい、内蔵が下がっていることが原因かもしれません。内臓が下がっているとそれを保護するため、脂肪がつきやすくなるのです。

このように、原因と種類を把握した上でダイエットを行うことが求められます。
対策には食事と運動の両方が求められます。ウォーキングや腹筋などの脂肪を燃焼させるための有酸素運動が求められます。
また、塩分や糖分、脂分を控えめにし、栄養バランスのとれた食生活が求められます。

腹筋運動は下腹のダイエットに効果的な方法ではありますが、無理して行うと首や腰を痛めることもありますから、無理をせず行うようにしましょう。
骨盤の開き・歪みが原因の場合は骨盤矯正のストレッチやエクササイズを取り入れると有効です。

ぽっこりした下腹は見た目だけでなく、健康面にも問題を抱えている可能性があります。
内臓脂肪は皮下脂肪に比べて燃焼しやすいともいわれていますから、ダイエットの際にはぜひとも計画的かつ継続的に、しっかりと行いたいものです。


「部位別の方法」記事メニュー

「効果的な方法」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析