ヨーグルトダイエットは摂取量に要注意

ヨーグルトダイエットは摂取量に要注意

健康食品としても人気の高いヨーグルト。
このヨーグルトはダイエットにも非常に高い効果を発揮します。

ヨーグルトといえばなんといっても乳酸菌がもたらす整腸作用がよく知られています。便秘解消はもちろん、胃腸機能を改善することによって栄養分の吸収を改善し、健康的な体を作ることができます。
消化がよくなることで代謝機能もアップ、エネルギーの消費も多くなり、太りにくい体質にすることができます。
これだけでも高いダイエット効果が見込めますが、ほかにもさまざまな効果が知られています。

まずカルシウム。カルシウム吸収率が高いことも知られています。
このことによって便に含まれる脂肪の量が多くなるうえ、脂肪の燃焼効果も高くなります。その結果体脂肪率が減少するというメリットが生まれます。

ヨーグルトダイエットの方法はいたって簡単、1日3食のうち1〜2回をヨーグルトだけ、あるいは野菜や果物を含めたものにするというものです。
量は200g程度。食物繊維を豊富に含んだ野菜や果物と一緒にジュースにするという方法もありです。ヨーグルトだけの食事というのはちょっと厳しいかもしれませんが、野菜や果物をうまく取り入れることによって乗り切りたいものです。

ただし、摂取しすぎには注意。経験したことがある人も多いでしょうが、ヨーグルトを摂りすぎるとお腹を壊してしまいます。
また、カルシウムの摂取量にも注意が必要です。1日の摂取量は2500mg程度が限度といわれており、それを超えると体に悪影響がもたらされるとも言われています。注意しながらダイエットに役立てたいものです。


「食事に関する方法」記事メニュー

「効果的な方法」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析