低炭水化物ダイエットの注意点

低炭水化物ダイエットの注意点

低炭水化物ダイエットは様々なダイエット方がある中でも今やメジャーなダイエット法と言えるかもしれません。低炭水化物ダイエットは文字通り炭水化物の量を減らすことでダイエットを目指す方法です。アメリカのロバート・C・アトキンス博士によって考案されました。

炭水化物を摂取した際、消化のために「アミラーゼ」という酵素によってブドウ糖に分解されます。このブドウ糖が脂肪になりやすいという特徴があります。炭水化物が太りやすいといわれる原因はこのためです。
低炭水化物ダイエットはその量を減らすことによってダイエットを目指すものなのです。

このダイエット方法は効果的な反面、正しい方法で行うことが求められます。安易にご飯を抜きにした食生活を送ったりすると栄養不足に陥るからです。
糖分はただ太りやすくなるだけの悪役ではありません。脳の働きを活性化したり、肝臓の機能を高めるといった効果があります。ただ炭水化物を減らせばいいというわけではないのです。

低炭水化物ダイエットでは、炭水化物を摂取しない代わりに他でたんぱく質を補う必要があります。
基本的には1日1食は必ず好きなものを食べるようにします。1日3食すべてにおいて炭水化物を控えるのは避けなければなりません。食事のバランスをしっかり考えた上で行う必要があるのです。
また、このダイエット方法はもともと炭水化物中毒者を治療するために考案されたもの。体質的に適しているかどうかも問題になります。

誤ったやり方をすると健康を害する恐れもあるこの低炭水化物ダイエット。
くれぐれも注意しながら行うようにしたいものです。


「食事に関する方法」記事メニュー

「効果的な方法」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析