デトックスとは?

デトックスとは?

デトックスという言葉が登場し、徐々に耳慣れるようになって数年がたちます。最近では、本来よりかなり広い意味で使われたり、たとえ話的に使われることもあります。
デトックスとは、そもそも何でしょうか?

デトックスという言葉は、もともと「解毒」や「浄化」という意味の英語から来たもので、1960〜70年代のアメリカで、戦争での化学兵器の治療から始まった概念だと言われています。現代社会では、生活の中でいつの間にか、微量の化学物質など体に悪影響を及ぼす物質が体内に蓄積してしまいます。

また、自分自身でも活性酸素などの自己を攻撃する物質を作ってしまっており、こういった有害な物質を体内から排出するのがいわゆるデトックスとされています。

デトックスという健康法が提唱されるまでは、サプリメントなどで栄養をプラスしていくという、足し算的な考え方が主流でしたが、デトックスは有害な物質や余分な成分を取り除いて健康を確立するという、新しい引き算的な視点で注目されるようになりました。

でも元は、アロマセラピーやアーユルヴェーダなど、解毒や浄化に通じる概念は古来から存在していたものなのです。デトックスとは、人が自然とともに生きていた頃からの自然の知恵ともいえるかもしれません。

なお最近では、“溜まっている不純物を排出する”といったかなり広義な解釈で使われることも多いようです。むくみや老廃物を排出することをデトックスと呼んだり、感動的な映画を見て涙を流すことを、精神的なデトックスと称する風潮もあります。
デトックスとは、ストレス社会に生きる現代人が必然的に求めるものなのかもしれません。


「デトックスできれいになる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析