セルライトとはどんなもの?

セルライトとはどんなもの?

ダイエットの最大の敵であるセルライトとはどんなものでしょうか。

人間の体には、皮膚組織の下にいわゆる皮下脂肪と呼ばれる脂肪細胞が詰まっています。
これ自体は、本来は悪いものではないのですが、食べすぎや運動不足など、余分なエネルギーが体に溜まってくると、脂肪細胞のひとつひとつは次第に大きくなっていきます。すると、肥大化した脂肪細胞が、その隙間を通っている血管やリンパ管を押しつぶしてしまい、その流れを妨げてしまう原因になります。

血管やリンパ管は、新鮮な栄養や酸素を運び、余分な水分や老廃物を排出するという、新陳代謝の機能を果たしていますが、脂肪細胞に押しつぶされてひしゃげてしまうと、その働きが阻害され、いわゆる“代謝が悪い”状態が慢性化していくのです。

セルライトとは、このような代謝の悪い脂肪細胞が、周囲の組織を繊維化させたもの。腕やももなどの皮膚をねじったときに、でこぼこしたえくぼのような状態になりませんか?
これはセルライトが目に見えている状態なのです。セルライトによって新陳代謝がスムーズに働かないと、冷えやむくみなど様々な弊害が起こり、さらには痩せるために脂肪を分解、燃焼させるための活動も阻害されるので、運動してもなかなか痩せにくいという、ダイエットには最も避けたい状態に陥ってしまいます。

セルライトとは、ダイエットだけでなく人間の毎日の活動にも悪影響を及ぼす、歓迎されざる存在。セルライトについて意識を深め、正しい対策をとることで、新陳代謝の活発な健康的な体を取り戻すことが、ダイエットを成功させるカギなのです。


「セルライト除去方法」記事メニュー

QLOOKアクセス解析