バストアップと女性ホルモンとの関係

バストアップと女性ホルモンとの関係

バストアップについて語るのに、女性ホルモンというキーワードなしでは始まらないほど、女性ホルモンは大切な要素です。

思春期に子どもから大人の女性へ成長するとき、女性ホルモンの大量の分泌によってふっくらと豊かなバストが作られます。また、乳腺と脂肪から成り立っているバストの、ハリや形を保つために重要な役割を果たし、妊娠中や授乳期には、母乳を作るために乳腺を急激に発達させて、一時的に豊満なバストを作り出します。

バストの大きさが概ね定まった後でも、また授乳育児後の垂れてしまったバストにも、女性ホルモンが活発に分泌されれば、乳腺を刺激してバストアップが可能となるのです。

女性ホルモンは、バストアップに深く関わるだけでなく、排卵や月経など女性としての大切な機能をつかさどり、また肌のキメやハリを整えみずみずしい美肌を作るなど、女性の美容面全般に大きな影響を与える要素です。

思春期以降の大切な時期に、無理なダイエットやストレスなどで女性ホルモンが十分な分泌を得られないと、バストが十分に発育せず満足な大きさにバストアップできないほか、自律神経を崩し、不眠やイライラ、倦怠感などの更年期のような症状まで現れることもあります。

女性ホルモンを活発に分泌させ、女性としての機能や若々しく健康な状態を保つには、良質なタンパク質とビタミン類を中心に、栄養バランスのとれた食事をしっかり摂ることが大切です。また、豆類に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンであるエストロゲンと非常に似た働きがあることが分かっています。
バストアップだけでなく、女性の健康全般のために、納豆や豆腐、みそなどの大豆製品を積極的に摂りましょう。


「バストアップに詳しくなる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析