30代からのバストアップはどうやる?

30代からのバストアップはどうやる?

30代の女性のバストアップに関する悩みは、バストの大きさだけを気にしていた10代20代の頃とはまた違ったものです。年月とともに、だんだんとハリがなくなって、重力に負けたかのように力なく垂れてしまうバスト、左右の胸が離れ乳首が下がってしまったり、仰向けに寝れば平らになってしまったり・・。

30代以降にバストが垂れてきてしまう原因はいくつかあり、年齢を重ねるうちに、バストを支える大胸筋が衰えてきてしまうことや、ダイエットを繰り返すうちに皮膚や筋肉に負担がかかっていたことなどが中心です。

また、30代は多くの女性が妊娠・出産を経験する時期ですが、妊娠中や授乳期間は乳腺が大きく発達し、元々小さかった人でも一時的かつ飛躍的なバストアップがみられます。

しかし、授乳期間が終わると乳腺も元に戻り、風船のように張っていたバストもしぼんでしまうのです。
赤ちゃんに母乳をあげられるのは、女性ならではの喜びですが、残念なことに母乳育児を頑張った人ほど、授乳期間後はバストが垂れてしまうことが非常に多いようです。

30代では、もはやバストアップして美しいバストを取り戻すことは無理でしょうか?そんなことはありません。美容が発達した現代、サプリメントやマッサージクリーム、ブラジャーや補正下着、エステに豊胸術・・バストアップのあらゆる方法を使って、30代でも再び理想的なバストを手に入れることは可能です。

豊かで美しいバストは、年齢にかかわらず、女性に自信と若々しさをみなぎらせてくれます。
30代以降でも、自分を輝かせるために、飽くなき美の追求とバストアップに取り組んでいきましょう。


「バストアップに詳しくなる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析