バストアップは女性の願い

バストアップは女性の願い

女性の美容の中で、バストは女性らしさの象徴とも言うべき特別な場所であり、バストアップを切望する女性は、古今東西変わらず多いものです。バストの大小や形は、世の女性たちを一喜一憂させ、また男性たちの注目をいやが上にも集める、女性の美容において最も重要な要素と言っても過言ではないでしょう。

バストの大きさは、遺伝や体質だけで決まるものではなく、女性ホルモンの分泌が大きく関わっています。女性らしい丸みのある大きなバストに発育するのは、思春期に女性ホルモンが活発に分泌される時期です。

この時期に、食生活の栄養バランスがよくなかったり、極端な運動不足やストレスなどで、女性ホルモンの分泌が十分に促進されないと、バストも満足に発達しないまま成長が止まってしまいます。
また、冷え性や貧血の症状がある人で、バストが小さいと悩む人も多いようですが、これも女性ホルモンの影響が無視できません。

ちなみに、大人になってもバストが小さい人も、妊娠すると女性ホルモンが大量に分泌され、来るべき母乳の分泌に備えてバストも大きくなり始めます。出産後は、赤ちゃんに母乳を与えるために、乳腺が極限まで発達し、おっぱいがパンパンに張った状態にまでなります。妊娠中や産後に、人生で一番豊かに張ったバストに喜んだ人も多いのではないでしょうか。

しかし、約1年間の授乳期が終わると乳腺も衰えて、多くの場合は残念なことにバストがたれてしまうようです。マッサージやエステ、美容整形など様々な方法で、バストアップを望む女性は、元からバストが小さいことにコンプレックスを持つタイプか、出産後に形の崩れてしまったバストを補正したいというケースが多いのが現状です。


「バストアップに詳しくなる」記事メニュー

QLOOKアクセス解析